長襦袢(ながじゅばん)

長襦袢(ながじゅばん)とは、肌襦袢と長着(着物)の間に着る襦袢。
形状は着物に似ている、衽(おくみ)のような竪衿がついた関西仕立てと通し衿の関東仕立てがある。
素材は主に木綿やモスリン、ウール、絹、織物は羽二重、正絹、縮緬が、夏には麻、織物は絽が用いられる。

着丈で仕立てられている対丈(ついたけ)と長着同様、おはしょりが出来るよう仕立てられているものがある。
着用の際には前もって衿ぐり部分に半衿を縫い付けておく。
単や袷(あわせ)のほかに、胴裏を省いた胴抜(どうぬき)仕立てがある。
現代は対丈で胴抜仕立てで袖は袷用の無双(むそう)袖(一枚の布で表と裏を作る)が主に使われている。
襟には半衿を縫いつけ色を変えることも出来る。
背広に例えるとワイシャツやブラウスに該当する。

現在はこの長襦袢が一般的に使われるが、江戸時代前期ごろまでは半襦袢(後述)が正式な襦袢と考えられていた。
もともと長襦袢は遊女の考案によるもので、遊郭で部屋着に近い使い方をしていたものである。富裕な商人も使用したが、公家や武家で着用されることはなかった。
柄が付いたものが多いが無地も存在する。