付け下げ(つけさげ)

付け下げは、反物の状態で、着た時に模様がすべて上を向くように描いたものです。

付け下げと訪問着は見た目はよく似ていますが、もともとは、裁ち目に柄が渡らない柄行だったため、付け下げは訪問着より簡単なものとされていましたが、現在では訪問着とさほど変わらないものもあります。